« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

社長洋行記

今日から再び休みに入っています。明日は温泉に行くことに決めているので、今日は一日自宅静養。軽い鼻風邪を治したいと思っています。

昨夜はちょっと方向を変えまして東宝喜劇シリーズ「社長洋行記」「続社長洋行記」(1962)を見ました。前にちらっと見たら面白そうだったので、ちゃんと録画して見た訳です。森繁久彌が社長を務める桜堂製薬の貼り薬「サクランパス」は東南アジアへの輸出がふるいません。やる気の無い輸出商社との契約を切って、直接香港に代理店を探しに行くというストーリー。羽田からパン・アメリカン航空で香港・啓徳空港へ向かいます。昭和39(1964)年の海外渡航自由化以前の話で、当時は海外に行くということがどれだけ大ごとだったかがわかりました。宴会好きの営業係長として三木のり平が出ているのですが「ああこの人が桃屋のCMに出てくる人か!」と初めて本人を確認しました。続編まで見ないと一つの話が完結しないんですよ。昔はこうやって映画館に2回通わせる策略をしていたのでしょうか?くだらないけど案外面白かった。☆☆

國冠

Kokukan清酒系れとろ看板(関西編)「國冠」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「忠勇」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「龍力」(角型)を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「龍力」(縦型)を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「八重垣」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「老松」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「蛍澤・灘菊」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関西編)「山陽盃」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中国編)「自慢櫻」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中国編)「嶺乃誉」を追加しました。
履物系れとろ看板「アサヒ横綱地下足袋」を追加しました。

2008年1月30日 (水)

まじめに出勤中

昨日、今日とまじめに会社に来ています。もともと今週は出勤の週なのですが、先週は休みの週だったのに何日か出勤したので、その振替休日や代休が発生しているというややこやしい事態になっている訳です。代休は年度替りで消えるので「さっさと全部消化しろ」と総務部からメールも来ました。もっと休まなきゃいけません(笑)。
例によって、さなD係長から仕事を言いつけられている訳ですが、ちょっとした作業でしゃがむのも辛い体になっています・・・。

2008年1月28日 (月)

いとう鶴

Ito清酒系れとろ看板(中部編)「玉桂」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「山車」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「積翠・白雲」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「いとう鶴」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「三笑楽」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「よしの盛」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「宇治川」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「一之谷」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「ゲンペイ」を追加しました。
清酒系れとろ看板(中部編)「花垣」を追加しました。

今日は病院

函館からは土曜日に帰ってきまして、再びだらだら生活に戻っています。
今日は病院へ行きました。なぜか空いていて1時間くらいで終わりました。月曜日なのに変だな。雪が降ってるからか?血液中のコレステロールは薬の効果で標準範囲まで下がりました。しかし中性脂肪は上限の2倍。肝機能の数値もなかなか良くなりません。「あとは減量しなきゃだめだ」とありがたいお言葉を頂いて帰ってきました。

大河ドラマ『篤姫』ですが、楽しみに見ています。宮崎あおいもさることながら周りの俳優がいい。高橋英樹や長塚京三は適役だし、小澤征悦や原田泰造に至っては本当に薩摩っぽい香りさえします。瑛太がちょっといまいちだけど。ブームに乗って鹿児島歴史観光したいところですが、鹿児島は去年の夏に行ったばかり。ちょっとタイミングを早まったかもしれません。

2008年1月27日 (日)

一人娘

Hitorimu清酒系れとろ看板(東北編)「沖正宗」を追加しました。
清酒系れとろ看板(関東編)「一人娘」(正方形)を追加しました。
清酒系れとろ看板(関東編)「一人娘」(長方形)を追加しました。
清酒系れとろ看板(関東編)「東力士」を追加しました。

2008年1月24日 (木)

ヤリイカ生きてます。

ヤリイカ行きてます。

カニカレー大盛

カニカレー大盛
やっと長万部に着きました。かなやの「カニカレー」。大盛は大後悔です。多すぎ。

進まない

進まない
道央道が苫小牧から先通行止なので、稲穂峠経由で函館を目指してます。でもまだ小樽にも着きません。

温泉タオル忘れる。

今日からはまた休みだと思っていたら・・・また急に函館出張になりました。前日に決めないで欲しい。しかも今日の天気予報は暴風雪!嵐の中の長距離運転要員です。今度こそ豊浦あたりで多重衝突の餌食になりそうだ。
函館行きに気持ちが入って無いものですから、今朝は忘れ物続出。制服の上着と携帯の充電ケーブルと温泉タオル。温泉タオルは無いと困るので、セブンイレブンで調達。高くて損した。駅前で早朝からやってる100円ショップというビジネスモデルを思い付きました(笑)。

この日記、最近は「水道凍結」ネタで検索して来る人が凄く多いみたいですね。でも何年か前に書いた記事は全く参考にならないですよ。だって「会社の解凍機を借りて融かした」って内容ですから。普通の会社にはそんなもの無いですからね。でも凍結が頻発する寒冷地なら会社とか仲間うちで一台くらい解凍機を買って常備しておいてもいいかも。

2008年1月22日 (火)

ハト印ゴム靴・合羽

Hato「履物系れとろ看板」「月星運動靴」を追加しました。
「履物系れとろ看板」「アサヒ地下タビ・運動靴・ゴム靴」を追加しました。
「履物系れとろ看板」「コマ印地下たび」を追加しました。
「履物系れとろ看板」「コマ印運動靴」を追加しました。
「履物系れとろ看板」「ハト印ゴム靴・合羽」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「ブラザーミシン」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「ジューキミシン」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「三菱ミシン」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「フレンド編機」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「天龍ポンプ」を追加しました。
「機械系れとろ看板」「リズムミシン」の画像を更新しました。
「機械系れとろ看板」「三菱かつらエンジン」の画像を更新しました。

休みが足りない

変則勤務シフトにより9連休中の私ではありますが、明日は頼まれたので任意で出社しようと思います。明日一日会社行くだけでも大仕事の気分です。ただしカレンダー上はあくまでも休日なので、休日出勤になっちゃうんですよ。明日行った分の代休が発生するので、今度はそれを一体いつ使うのか?という難問が発生します。『5勤9休』の「5勤」部分で代休を行使するつもりではいるのですが、使い切れないな。今年は年度変わりにだいぶ代休を捨てなきゃならなくなりそうです。
「そんなに休んでもすること無いだろ?」と言う人がいますが、私はそんなこと全くありません。撮りためた映画もまだ残ってるし、看板サイトの更新もまだまだ追い着いてないんですよ。給料が出たらまた旅に出ようと思ってるし、時間が足りません。もっと休みください(笑)。

この冬のうちに行こうと思ってるのは関西方面と九州方面だな。どっちも看板探しですが、温泉とかB級グルメをからめて。関西なら車を借りずにスルッと関西3dayチケットを使って私鉄沿線の旅をしようと思ってます。地元の人たちにとって関西の私鉄は生活の一部だろうけど、よそ者の私の地理感覚はJR線を基準にできているので、私鉄沿線にはきっと穴場が残っているんじゃないかと期待してます。以前買ったことのある3・3・SUNフリーきっぷ(名鉄・近鉄・南海全線乗り放題)は発売中止になったとの事。残念。
九州の旅はプランがまだまとまりません。熊本の温泉にも行きたいし、長崎・佐賀を細かく回りたい気もします。観光したことが無い山口県も気になるし・・・。9連休まるまる使って行くかな。九州ならやっぱりレンタカーだろうな。国内の旅行はレンタカーが結構お金かかるんですよ。

昨夜見た映画は「青い車」(2004)。意味不明。星ゼロ。このまま毎日ミニシアター系の日本映画を見続けると精神に異常をきたすかもしれません。

2008年1月21日 (月)

彦根信用金庫

Hikone「金融系れとろ看板」「東洋証券」を追加しました。
「金融系れとろ看板」消火栓「滋賀・近畿・京都相互銀行」を追加しました。
「金融系れとろ看板」119番「彦根信用金庫」を追加しました。
「金融系れとろ看板」「第一證券」を追加しました。
「新聞雑誌系れとろ看板」「大阪毎日新聞」を追加しました。
「新聞雑誌系れとろ看板」「スポーツ報知」を追加しました。
「金融系れとろ看板」「プロミス」(お急ぎ)の画像を更新しました。
「金融系れとろ看板」「プロミス」(なっ得)の画像を更新しました。
「金融系れとろ看板」「プロミス」(安心)の画像を更新しました。
「金融系れとろ看板」「プロミス」(お電話)の画像を更新しました。
「金融系れとろ看板」「レイク」の画像を更新しました。
「麦酒・洋酒系れとろ看板」「アサヒビール」の画像を更新しました。
「麦酒・洋酒系れとろ看板」「アサヒビール」の画像を更新しました。
「麦酒・洋酒系れとろ看板」「タカラビール」の画像を更新しました。
「新聞雑誌系れとろ看板」「読売新聞」の画像を更新しました。
「新聞雑誌系れとろ看板」「朝日新聞」の画像を更新しました。
「新聞雑誌系れとろ看板」「デイリースポーツ」の画像を更新しました。

たあ坊カード割れる。

函館でお尻のポケットに入れていた「たくぎん」のキャッシュカードが割れちゃいました。仕方が無いので今日、北洋銀行へ行ってキャッシュカード再発行の手続きをしてきました。「みんなのたあ坊」のカードで大事にしてたのに。

昨夜見たのは「さよならみどりちゃん」(2004)。主演の星野真里も西島秀俊も良い演技だとは思うんだけど、それ以前に話の内容が辛すぎる。私は認めたくない現実がここにある感じ。辛いので☆。佐々木すみ江に助演女優賞。西島秀俊は遊び人を演じたら右に出るものがいない感じ。星野真里は後半脱いじゃってるのですが、濡れ場は最初からあるんですよ。なのに後半にならないと脱がないというのは不自然。むしろ前半のままで通したほうが映画として良かったと思う。最初から決まってたことなんだろうけど。

2008年1月20日 (日)

ダイヤモンド濃縮ジュース

Daiya「飲料系れとろ看板」「ダイヤモンド濃縮ジュース」を追加しました。
「飲料系れとろ看板」「スカット」を追加しました。
「飲料系れとろ看板」「キリンジュース」を追加しました。
「飲料系れとろ看板」「お茶は宇治園」を追加しました。
「飲料系れとろ看板」「コカ・コーラ」の画像を更新しました。
「飲料系れとろ看板」「キリンレモン」の画像を更新しました。
「飲料系れとろ看板」「林屋のお茶」の画像を更新しました。

2008年1月19日 (土)

雨鱒の川

函館出張から戻り元のだらだら生活に戻っています。今朝の私の街の最低気温は-20.3°Cを記録。お湯の配管が凍りました。夕方までに自然解凍で解決。

今日見た映画は「雨鱒の川」(2004)。北海道各地でロケをしていて、とても映像がきれいなのですが、地元民のせいでしょうかロケ地がなんとなく推測できちゃうんですよ。だからツギハギなような感じがして若干の違和感があります。栗山の小林酒造(北の錦)が主要な舞台になってますので、栗山に縁がある方はぜひ見てください。ストーリーも不自然なところ満載なのですが、最初からファンタジーだと思えば気にならないかも。そんなマイナス点をおぎなう中谷美紀様の美しさと哀しさで☆☆☆。ちょい役の伊藤歩さん(サントリーオールドの娘、会社で失敗して夜洗いする妻)は今よりちょっとふっくらしてたんだな。主演の綾瀬はるかは聴覚障害の子の役なのでちゃんとしたセリフがありません。

2008年1月17日 (木)

谷地頭温泉

谷地頭温泉
仕事の後の一風呂は「市営谷地頭温泉」です。久しぶりに「効いた〜」という感じの温泉でした。茶褐色に濁る食塩泉で、函館名物の高温風呂にはやっぱり入れませんでした。

ラッキーピエロ

ラッキーピエロ
函館の有名店「ラッキーピエロ」にやって来ました。カレーオムライスを注文してから、ここの名物はチャイニーズチキンだということを思い出した結果こんな組み合わせに。今日もダイエットとは程遠い食生活です。

2008年1月16日 (水)

急遽函館出張

おはようございます。今日から急遽函館へ出張になりました。私が急遽出張なんて書くと、また何か事件か!と思われそうですが、今回は違います。もともと出張に行く予定だったさなD係長が「運転手が欲しい」と思ったので、急遽行くことになっただけです。昨日決まりました。2泊3日で帰ってきます。イカでも食べてきますよ。やきとり弁当かな。
でも、そんな日に限って、今朝までよく寝られなかったんです。日曜日にほぼ丸一日寝た時差ボケの揺り戻しか?それとも昨日ギョーザ食べて元気になったのがいけなかったのか?とにかく夜の間は眠くなくて、ほとんど寝られませんでした。このままじゃ長万部あたりの中央分離帯に突き刺さる可能性があるので、眠眠打破の強力版「強強打破」を飲んでなんとか乗り切ろうと思っている所存です。ま、今日は移動だけなので、ついたら力尽きてもいいや。
函館行くついでに苫小牧から社用車を一台、大洗まで航送してきます。まだ出張が函館で良かった。

2008年1月14日 (月)

明日から仕事

昨日よりはましですが、今日もなんにもしたくない日。一日ごろごろしてました。緊急事態の電話は結局かかって来なかったのですが、明日からは一応会社に出社しなくてはいけません。ま、あんまりだらだらしてるよりは調子が戻っていいかな。

さて録画しておいた篤姫2回分見ました。今のところは面白く見てます。

今日見た映画は「駅」(1986)。健さんが道警の狙撃手なの。銭函とか増毛とか北海道の駅の様子が懐かしいけど、ストーリーとしてはいまいち好きになれない。☆

藤枝東は惨敗でしたね・・・。

2008年1月13日 (日)

がんばれ藤枝東!

帰国3日目にして旅の疲れがどっと出ました。なんだこの時間差は。とんでもなくおやじだ。今朝起きたら体がなんか変だったんです。風邪をひいてる訳ではないのに起きれない。緊急出動の電話が夢だった(笑)ことを確認してから再度就寝。午後になって競馬の時間になっても馬券を買うためにパソコンに向かうのも苦痛なので、ふとんの中から携帯で購入。結局断続的に午後6時まで寝てしまいました。夜になってやっと元気が出てテレビ見て今に至ります。

前回録画に失敗して後半を見られなかった「好きだ、」(2005)ですが、再放送を録画して今日見ました。うーん。最後の最後はハッピーエンドだと理解していいんだろうか?やっぱり☆だな。この映画セリフが少ないし、聞き取りにくいので、ボリュームは最初から大幅に上げて見るべし。

知らない間に高校サッカーの決勝に藤枝東が進出してるじゃないですか!これは明日応援しなくては。なぜかというと・・・学生時代に好きだった子の出身校なんです(笑)。

2008年1月12日 (土)

待機中

今日と明日は会社に緊急の用件が発生した場合に対応する緊急待機の当番です。今のところ何も起きていません。ストックホルムの大聖堂で願掛けしてきた効果だな(笑)。ま、そんな事情もあって家で大人しくしてます。まだ突如激しい眠気に襲われるなど時差ボケの症状が完治してないので、ゆっくりできてちょうど良い自宅待機かもしれません。食事は納豆とかスキヤキとか純和風で攻めてます。ヨーロッパでは中華料理も高くて手が出なかったので、米を食べられなかったんですよねー。アメリカだったら安い中華ファストフードがあるんだけど。あ、ローザンヌで炒飯買って失敗したんだった。

さて、ヨーロッパ旅行の写真をフォートラベルで公開しましたので、もし興味がある方はご覧くださいませ。

2008年1月10日 (木)

ロシアの川はうねうね

0801101s日本航空JL412便、アムステルダム発成田行、B777型機で帰国です。搭乗率は30%ぐらい。私は空いてて嬉しいですが、JALの経営は大丈夫なのか?ま、お正月が過ぎてちょっと経った冬のオフシーズンのせいかもしれません。アムステルダムベース?の新人キャビンアテンダントさんがかわいい。外人さんにしてはちっちゃくて華奢なんです。
目が覚めたらロシアの川がうねうね流れていました。みみず以上の曲がり方で気持ち悪いです(笑)。

2008年1月 9日 (水)

ネロとパトラッシュの街

0801091s昨日電車で通ってきた3つの街デン・ハーグ、ロッテルダム、アントワープを車窓から眺めて、アントワープに一番興味を持ったので、今日は途中下車してみようと思います。あのネロとパトラッシュの街です。ダイヤモンド流通の中心地でもあります。大きなドーム型のアントワープ中央駅から駅前の通りをずっと歩いていきます。同じベルギーの都市でもブリュッセルよりだいぶきれいな印象があります。駅の表示とかももずいぶん整備されてたし。でもやっぱり切符の自動販売機はないですよ。ヨーロッパで初めて高層ビルが建ったのはこの街。そのビルを眺めながら町の中心にある広場に辿り着きました。あいにく雨が降ってきてしまいノートルダム大寺院を記念撮影して駅に戻ります。帰りは地下鉄、というよりも地下を走ってるトラムに乗って帰りました。ベルギーを離れる前にもう一度ワッフルを。今度はリエージュワッフルを食べました。

再びアムステルダム行きインターシティーに戻り、また国境がどこかわからないままオランダ再入国。スキポール空港が近くなった頃にようやく天気が回復してきました。遅すぎる。今回の旅はとても楽しかったのですが、天気には恵まれなかったんですよ。残念。水路と羊、ところどころに馬、それに風車というような牧歌的な風景を眺めながら、ヨーロッパの旅を終えました。

2008年1月 8日 (火)

ブリュッセルにワッフルを食べに行く

080108as今日は明るくなってからの出発にしようと、のんびりコーヒーをおかわりしながら朝食を摂り、空港で飛行機を眺めたりしてたら、すっかり遅くなりました。電車に乗ったのは結局お昼頃。本当は途中下車しながらブリュッセルまで行くつもりだったけど、予定を変更して直行します。途中の街は明日にしよう。ブリュッセルまでの国際列車はEUR36.10です。国際列車といっても普通のインターシティーです。タリスとかユーロスターは別料金がかかるらしいですよ。ブリュッセルまでなら落書きが書いてあるようなICで十分です。列車は水路と羊を眺めながら一路西へ。国境は・・・よくわからないままに通過してベルギー初入国です。スキポールからブリュッセル南駅まで約2時間半。

オランダとベルギーは隣国だし、よく「ベネルクス」とまとめられてしまうけど、実際ブリュッセルの街を見て、とても大きな違いがあることに気が付きました。ガイドブックにはベルギーはカトリックで美食の国、オランダはプロテスタントで節約の国と書かれていたけど、もっとはっきりわかるんです。ベルギーはなんでも古くて不便なんですよ。0801082s信じられないのが駅での切符の買い方です。自動販売機が無いので、いちいち窓口で買うしかないんです。スイスやオランダにはタッチパネル式の自動販売機があって、現金・クレジットカードでどんな切符も買うことができます。ベルギーには地元バンクカード専用の自販機こそあるものの現金・クレジットカードは使用不可。意味ありません。いろんな表示も不親切。電車の行き先だって終着駅だけ表示するだけで、途中どこを通るのか不明。路線図だってありません。地理に不案内な旅行者は中央駅に行くにもどの電車に乗ってよいのかわからないのです。「空港」という単語も、頑なにオランダ語でルフトハーベン。当のオランダにはルフトハーベンなんて表示は無かったのに。まだフランス語でアエロポールと書いてくれたほうがわかりやすい。当然市内の道案内もわかりやすいわけはなく、おかげでずいぶん道に迷いました。地図持ってるのに(笑)。といろいろ書きましたが、どうやら新しくて便利なものをなかなか導入しない頑固な国なんだと感じました。自由でなんでも受け入れる気質のオランダとは袂を分かつべくして別れた。きっとそんな歴史があったに違いありません。

0801084sさてともかく観光です。迷いながらもグランプラスに到着。「市庁舎」や「王の間」を眺めます。次はいよいよ「世界3大がっかり」の一つ小便小僧のジュリアン君。おーっ、これはさすがに3大がっかり。商店街の角でひっそり立小便してます。でも見れて満足。女の子版のジャンネケ・ピスも一応見に行ったけど、写真を撮る様なものじゃなかった。あの辺の怪しいレストランが客を路地の奥まで呼び込むために作ったんじゃないの?
ブリュッセルまで足を伸ばした最大の目的は「本場のワッフルを味わう」こと。食べましたよ。ゴーフルdeブリュッセル。こちらでも今はちょっと丸いリエージュワッフルが主流みたいですが、ここはあえて長方形のブリュッセルで。焼きたてのゴーフルは軽くてサクサク、かじるとしんなり柔らかくておいしい!日本のワッフルみたいにふわふわじゃないんですよ。これは来て良かった。EUR2.20。好きな人はクリームとか苺とかもトッピングできます。

2008年1月 7日 (月)

自由の街アムステルダム

今日はスイスからオランダへの移動です。まずはローザンヌから電車でジュネーヴ空港へ。今日乗るのはKLMですが各社共用の自動チェックイン機を使ったら2台続けてフリーズ(笑)。その度に隣に移動して3台目でやっとチェックインできました。付きもしないJALのマイレージが登録されていたので、ノースウエスト航空の番号に入れなおすこともできました。ヒースローでも感じたのですが、ヨーロッパの自動チェックイン機は便利です。座席は自動的に通路側が割り当てられていたので、窓側に変更。前のほうが空いてないので、翼を避けて一番後ろの席を指定したつもりだったのですが・・・今日乗るフォッカー100型機はリアエンジンなのを忘れてました。0801071s乗ってみたらまさにエンジンがついている部分で、窓なんてありませんでした。曇り空なので飛行中は同じなのですが、離着陸時は窓があったほうが良かったなぁ・・・。F100は初めて乗りましたがJALで使ってるMD-90なんかと同じ感じで違和感なし。良い飛行機です。108人乗り。ビスケットとバーベキュー味のドリトスが出ました。

アムステルダム・スキポール空港は強風に見舞われ、激しく揺れながらの着陸になりました。パイロットがWelcome to our "stormy" Schiphol airport!って言ってます。しかもバスゲートだったので、飛行機を降りるとき小さな子が風に飛ばされそうです。オランダ入国審査時も質問ありました。8年前はパスポートの中身さえ見なかったのに、やっぱりテロ以降ちょっと厳しくなったのかな。お金をこの旅最後の通貨ユーロに両替します。ようやくユーロ。
オランダ入国は2回目ですが、前回は空港前のホテルで1泊しただけなのでアムステルダム市内に入るのは今日が始めて。空港から電車に乗ってアムステルダム中央駅に向かいます。0801072s東京駅のモデルになったらしいアムステルダム中央駅ですが、なんだか駅前工事中。写真写りが悪いです。駅の前にも裏にもすぐ運河があって、さすが埋め立ての国だと実感します。駅前の大通は観光客で賑わってます。ヨーロッパの古い街並みと香港の猥雑さが交じり合ったような感じです。ここから東側へ入るとかの有名な「飾り窓」地区になるのですが、枝道をちょっと眺めただけで怪しげな看板がちらほら。自由の街アムステルダム。ドラッグだって軽いやつなら合法というお国柄です。ま、私には全然まったく関係ないので、そのまま南へ進みます。ダム広場で王宮とか新教会を眺めて健全な観光を楽しみました。
駅へ戻りオランダ庶民の味を体験します。「ブローチェ」という食べ物はパイ生地の中にチーズとかソーセージとかコロッケを入れて焼いてあるものです。まずチーズのブローチェを食べてみましたが、普通においしい。アップルパイのアップルがチーズになった感じ。おいしくて手軽なので夕食もこれで済ませてしまいました。ちなみに店によってはパンを2つに切って具を挟んだだけのものもブローチェと呼ぶようです。それじゃただのサンドイッチだろ。
今日の宿はスキポール空港そばのエタップホテル。空港から無料シャトルがあるので便利。系列のイビスホテルの裏にひっそりとあります。イビスは一泊EUR100、エタップはEUR60と掲示されてます。入ってみたらロンドンのエタップと全く同じ造り。こういうコンセプトなんだな。

2008年1月 6日 (日)

レマン湖ぶらり途中下車の旅

0801061s乗り放題の鉄道パスを持っているので、フリー区間の端から端まで乗ってみたくなりました。そこでまずは東の端サンモーリスを目指します。ここから先は険しいアルプスだぞ、って雰囲気の小さな町でした。そこからちょっとローカル線に入ってみようと思ったのが大失敗。同じMで始まる駅名を間違えて逆向きの電車に乗っちゃいました。まずい。これじゃ区域外だ。きっぷが無いのを見つかったら8000円の罰金と書いてあります。どきどきしながら、やっと次の駅で降りました。そこは目の前に一つ工場があるだけの小駅。ちょっと離れたところに集落が見えます。そこで出会った景色がこの山。天気もちょっとだけ回復して、とても綺麗です。サンモーリスに戻る電車は30分後。集落のほうへ散歩したり、山の写真を撮ったりして暇をつぶしました。新車のシトロエンを満載した長い貨物列車が通っていきます。イタリアあたりに輸出されるのかな?
無事区域内に戻り、今度はモントルーへ行くことにしました。昨日通ってきたMOB鉄道ですが、モントルー市内のつづらおりの部分だけでももう一度乗ってみたいと思います。峠を越える電車だと時間がかかり過ぎそうだったので、市内部分だけ走る2両編成のトラムみたいな電車に乗ってみます。駅を出るとまずは大きく左ターン0801063s左側の車窓からモントルーの街並みとレマン湖が見下ろせます。車両のはばぎりぎりまで家が迫っています。しばらくしてお城のような建物が見えたら今度は右ターン。まるで走る展望台です。斜面にへばりついたような駅にいくつか停まり、今度はまた左だな、と思ったところがこの電車の終点ゾンジエールでした。そこで降りたかわいいお姉さんについていく、のはやめて今来た電車ですぐ戻ります。ブレーキの音をキーキー言わせて下ります。
さて、午後は8年前にスイスに来たときに心に残った景色を探しに行きます。レマン湖を見下ろす丘の中腹に教会がある小さな集落。ジュネーヴまで往復して場所は確認しました。ところが駅からかなり遠くて歩いていけそうにないんです。残念。ホームみたいなものは見えるので、あるいは昔はここに停まる電車があったのかもしれません。場所を確認するのに夢中になり、写真も撮り忘れました。ずっと心の中にしまっておけということかも。
0801064sハイキングの予定が中止になったので時間が余りました。代わりにローザンヌへ戻りレマン湖畔まで歩いて行こうと思います。ローザンヌも坂の街なんです。なんでもアプト式メトロが走っていたらしいのですが、現在工事中で全面運休。「地下鉄のザジ」を心の中で唄いながら港を目指して坂を下っていきます。日曜日の午後、港はちょっとしたレジャースポットのようで、人がたくさんいました。対岸のフランス領エビアンまで水をくみに行ってもいいかなと思いましたが、船が17:30まで無かったので、それじゃ暗くなるからやめました。帰りは地下鉄代替メトロバスでホテルまで戻ります。

2008年1月 5日 (土)

世界の車窓から スイス編

今日は超早起きして3:40発の空港バスに乗ります。なぜなら今日の飛行機はストックホルムから高速道路で80分もかかる郊外にあるスカブスタ空港を6:50に飛び立つからです。ストックホルムのバスターミナルは中央駅のすぐそばにあります。早朝でさぞかし閑散としてるだろうな、と思って行ったら大行列。大型バス2台に乗り切れないほどの客がいました。そうかバスしか移動手段がないもんな。スカブスタ空港までSEK150.00。森の中の高速をひたすら走ってやっと到着。
0801051sここスカブスタ空港は欧州格安航空最大手のライアンエア(アイルランド)が一つの拠点にしているようで、5機くらい夜間駐機しています。それが朝7時前に欧州各地に向けて離陸します。郊外にあって利用料が安い空港を使い、早朝から深夜まで効率よく機体を使うというのがライアンエアの手法なんです。その代わり航空券は激安。私が買ったスカブスタ→バーゼルの切符は割引無しの通常料金でたったの8000円位。よくキャンペーンをやっていて、運賃はタダ同然(ただし諸税別)なんてことも珍しくありません。席は自由席。機内サービスは全部有料です。預ける荷物も追加料金になります。
日本のパスポートではWebチェックインできないので、追加料金(500円位)を覚悟でカウンターで搭乗手続しましたが料金は取られませんでした。搭乗は「プライオリティ」を持ってる人が先。プライオリティはWebチェックインした荷物の無い人と、これまた追加料金を払った人が対象。でもだいたい外国の人は荷物が無いなんてことは少ないので、対象になる人は少数です。一般搭乗でも行列の前のほうにいれば余裕で窓側に座れました。B737-800型機満席で出発。さすがです。

残念ながらほとんど曇り空を飛行して2時間。スイスのバーゼル空港(ユーロエアポート)に到着しました。実はこの空港、スイスが主体になって運営されていますが、敷地は完全にフランス領内にあるんです。荷物を受け取った後に、スイスに入国するかフランスに入国するかの別れ道があります。バーゼル空港はフランスのミュールーズ空港を兼ねているんです。ドイツもすぐそばなので3ヶ国共同の空港です。私はスイスに入国し、バスでスイス国鉄のバーゼル駅に向かいます。距離は短いのですがフランス領内の区間は、スイスのために隔離された「保税道路」を走ります。
0801053sここからは列車の旅です。まずベルン・シュピーツを経由してツヴァイジンメンまで行きます。私はちゃんとOne Wayでハーフカードは持ってないと言ったのに、駅員との意思疎通がうまくいかなかったのでしょう、往復かつ半額の切符を売られていました。車掌さんに指摘されて、同じ額だからと手書きで訂正してくれました。助かった。CHF61.00。乗換駅のシュピーツではスイスらしい景色が広がっていました。ちょうどその頃だけ少し晴れたので気持ちが良かったです。そこからローカル線に乗換えてツヴァイジンメンまで。ここが鉄道会社の境目で、レールの幅も狭軌に変わります。
ここから先有効の「RegionalPass(レマン湖地方用)」CHF94.00を購入。これで2日間は乗り放題、更に3日間は半額カードになるという仕組みです。MOB鉄道の「ゴールデンパスパノラミック」という展望列車に乗りましたが、ここでも一つ失敗。乗り放題の日は駅にある機械で日付を打刻しなきゃならなかったのです。車掌さんが途中駅で打刻してくれました。またまた助かった。メルシー。列車はスキー場の中のくねくね走っていく感じ。スキー靴でそのまま乗って来る人もいてびっくりです。あいにくの小雨模様で、夏場晴れた日にのったらさぞかし綺麗だろうなと思います。でも実は一番の見所はモントルー近くになってからの峠越えでした。車窓にはきりきりに狭い峠道が見えます。電車も負けずに凄いカーブを曲がっていきます。トンネルを越えてレマン湖が見えた!と思ったら、そこから急激なダウンヒルでした。モントルー側から入って峠越えだけでも乗る価値がある路線だと思います。
ローザンヌまで移動して、今夜の宿はコンチネンタル・ローザンヌ。部屋は古いけど、駅の目の前で値段も許せる範囲なので良かった。Coopでテイクアウトの炒飯みたいなものとサラダを購入。量を多く買いすぎた上に、味が濃すぎて大失敗。損した。ロンドン・ストックホルムを見てきた後だから街がちょっと汚く見えてしまいます。やっぱりフランス語圏はこういう傾向なのかな?

2008年1月 4日 (金)

ストックホルム街歩き

0801042s今日はストックホルム市内観光です。ストックホルム中央駅から大きな通りを歩いてセルゲル広場へ。そこから右に曲がり旧市街(ガムラ・スタン)へ向かいます。川の中州にある国会議事堂を通り抜け王宮へ上がると、ちょうど衛兵の行進を見ることができました。スウェーデンの衛兵さんはなんだかちょっとかわいいです。帽子のせいか。その後ガムラ・スタンをぐるっと一回り歩いて、中世の気分に浸りました。結構上がり下がりもあって、まるでドラゴンクエストに出てくる街を歩いているようです。
昼食は大聖堂のそばにある「カフェ・イレット」でスウェーデンの家庭料理「ピュッティパンナ」(SEK145.00)を食べました。0801044s肉、じゃがいも、玉ねぎを賽の目に切って炒めたものの上に目玉焼きがのってます。予想通りの味でしたが、もう少し玉ねぎの味を目立たなくしたほうがおいしいかな。日本でもすぐ作れる一品です。小鉢の赤い物体は何だか不明。少し食べてみたら酸っぱかったです。

駅前に戻ってきてデパートや歩行者天国を見て歩きます。やっぱりスウェーデンの女性は好みです。それも若い子のほうがいいな。年齢を重ねると、なんだか強い感じになっちゃう(笑)。でも太っている人は少ないです。若ければ若いほどいいみたいで、子供たちがあり得ないほどかわいい。スウェーデンの女性となら子供作ってもいいなと思いました。ファッションは冬場なのでみんな暖かい格好をしてますが、金髪にニットの帽子がかわいいです。多くの女性がかかとのない長靴みたいなブーツを履いてます。
0801046s街の風景ですが全てが北欧風です(笑)。いちいちモダンデザインです。基本的になんでも四角で、斜めの線や丸い線はあまり見当たらない感じです。とてもきれいです。ただし困ることが一つ。歩道に滑り止めの砂を撒いているせいで、それが靴底にたまり常にシャリシャリしてるんです。

スウェーデンのセブンイレブンはコンビニとカフェの中間みたいな業態です。ちょっとした惣菜なんかも量り売りで売ってます。そこでもう一つの家庭料理「チェットブラー」を買ってみました。普通においしいミートボールでした。あまりに違和感がなくて拍子抜けです。ただし本当はコケモモのジャムをつけて食べるらしいのですが、それには挑戦してませんので。あぁっ!間違えて炭酸入りのミネラルウォーター買って来ちゃった。まずい・・・。砂糖投入だ。

2008年1月 3日 (木)

ロンドン→ストックホルム

0801032s今日はこの旅最大の目的地ストックホルムへの移動です。まずはドックランドライトレールという無人運転の電車でロンドン市街へ。歩いてタワーブリッジを渡ります。今でも時々跳ね上がることがあるそうです。歌にある♪ロンドン橋落ちたー落ちたー♪っていうのはこの橋のことですよね?隣にロンドンブリッジってあるけど、普通の橋ですよ。【後日注記:違いました。歌われているロンドン橋はやっぱりロンドン橋のことです。「落ちた」というのは、「可動橋が降りた」のではなく「川に流された」の意味でした。】

ロンドン観光を終え、なぜかすごく混み合ってるピカデリー線でヒースロー空港へ。今日はターミナル1です。ブリティッシュエアウェイズの自動チェックイン機が並んでいたので、だめもとで操作してみたら簡単にボーディングパスが発行されました。日本の自動チェックイン機は乗継がある旅程だと受け付けてくれないのです。ちょっとだけこっちのほうが進んでます。アメリカでよく聞かれる例の質問。人から物を預かってないかとか、荷物を他人が触ってないかという質問は画面で出てきますのでYesかNoかで答える必要があります。これ間違えたらどうなるんだろ?
ブリティッシュエアウェイズBA760便、ロンドン(ヒースロー空港)発ストックホルム(アーランダ空港)行はB767型機で運航。機内食はサンドイッチで、チーズかチキンのチョイスでした。あいにくの曇り空で景色はほとんど見えずに残念。メジャー中のメジャーキャリアなので何かサービスも違うのかなと思いましたが、いたって普通でした。

アーランダ空港はモダンなデザインに全体的に控えめの照明。ところどころを彩るネオンサインと、とても近代的なターミナルでした。雪がうっすら積もるなか、空港バス(SEK99.00)でストックホルム市内へ。今夜の宿は中央駅すぐそばの老舗ホテル「ノルディックシー」です。ロビーの一角に氷で作られた「アイスバー」があります。予算の都合で窓の無い小部屋を予約してます。それでもかなり高い。食事を軽食で済ませても泣きたいほどの値段になります。今やヨーロッパじゃ年収2倍ないとやっていけないな。一人北欧で日本経済の地盤沈下を嘆く夜です。

2008年1月 2日 (水)

フィッシュ&チップス

0801021sロンドンまでの飛行時間は12時間ちょっと。JALはエコノミーでも個人用モニターがあるので、それで映画を見たり、麻雀ゲームをして過ごしていたら、案外短く感じました。見た映画は・・・、
「フラガール」(2006)。常磐ハワイアンセンターの実話に基づいている話でリアリティがあります。背景に炭鉱の経営危機があるあたり、私のような夕張関係者にとっては共感を呼ぶところがありますね。蒼井優ちゃんがかわいいので主演女優賞をあげます。なじみのない温泉事業を任されて困惑気味の炭鉱社員を演じた岸部一徳がいい味出してるので助演男優賞。機会があれば見たほうが良い作品です。☆☆☆もし松雪泰子にもっと華というかインパクトがあれば星が増えるところです。しずちゃんも出てます。
「クローズドノート」(2007)。なんだかんだ言っても沢尻エリカはいいです。竹内結子もそれに負けていません。いかにも女教師といった感じ。ただし現実の小学4年生はあんなに素直じゃないと思う。そことサエコで減点して☆☆☆。
たくさんあるオンデマンド映画の中で、見たい2本をもう見ちゃったので、帰りの便はどうしよう・・・とちょっと後悔しています。

0801022sロンドン・ヒースロー空港ターミナル3に到着。ターミナルのつくりが古いタイプで、飛行機がほとんど見られなくて残念でした。ここには世界中の飛行機が集まってるのに。入国審査は質問があります。私が聞かれたのはイギリスへ来るのは何回目か?滞在日数は?次の目的地は?の3点。審査官がDayをダイと発音してて戸惑いました。地下鉄の駅に移動し一日券の"Day Travelcard(Zones1-6 Off-Peak)"GBP7.00を購入。自動販売機でカードで買えます。ロンドンの地下鉄は"Tube"と呼ばれているそうですが、本当にチューブのようなトンネルの中を蒲鉾みたいな小さな電車が走ってます。狭い。ピカデリー線をグリーンパークで乗換えてジュビリー線へ。ウェストミンスター駅のすぐ上に「ビッグベン」がありました。橋の上から記念撮影。
次はイギリスの食を味わいます。再び地下鉄でメリルボン駅へ移動。途中ベーカーストリートで乗換えて「おお、シャーロックホームズの世界だ」とちょっと感動。お目当ての店"Sea Shell of Lisson Grove"は5時までお休み中でした。仕方が無いのでメリルボン駅のベンチで人間観察をして小1時間つぶします。ロンドンは今まで行った世界の大都市の中でも結構きれいです。システムも整っていて、行き交う人々も穏やかな感じです。見た目安全そう。ロンドンへ留学する人が多いけど、なるほど適しているかもしれません。初めて旅行するならパリよりロンドンがいいかも。英語が通じるし。0801023sそうこうするうちに5時になって念願のフィッシュ&チップス体験です。続々と客が来てます。コッド(鱈)フィレとレギュラーチップス+ペプシでGBP7.30。立ち食いコーナーで食べます。大きな鱈のフライはとてもあっさり、というか味がありません。ビネガーをたっぷりかけて食べるべき。有名店だからかもしれませんが、魚臭さも全然ないんですよ。結論としては不味くもないけど、わざわざ食べにくるほどのものでもないな。ロンドンに来た機会に一度話のタネとして食べてください。
今夜の宿は値段で決めたのでちょっと遠いです。ロンドンの東側、シティ空港近くにあるEtapホテル。アコー傘下のチェーンホテルですが完全にモーテルの風情です。GBP41.95。モーテルに泊まるようになってちょっと旅通になった気分(笑)。でもこのホテル、駅や空港からは結構歩くので注意です。

楽しいロンドン愉快なロンドン

楽しいロンドン愉快なロンドン
おはようございます。関西発ロンドン(ヒースロー)行、日本航空JL421便に乗って8年ぶりの欧州へと旅立ちます。イギリスは初めてなんですよ。楽しみです。行ってきます!

2008年1月 1日 (火)

三菱テレビ.ラジオ

Mtr「電機系れとろ看板」「三菱テレビ.ラジオ」の画像を更新しました。

おとそとメガネ

友人宅で人生初の「おとそ」を頂き、奥さん手作りの本格おせちをご馳走になりました。昔のマンガに出てくるような「正月の招かれざる客」になった気がしておかしかったです。でもこれも一つの「正しい日本の正月」だなと思いました。
友人が日本酒を飲みすぎて言ってることがわからなくなってきた(笑)のを合図に失礼してきまして、今は南海特急で泉佐野へ移動中です。

おとといの事なのですが、メガネの鼻あての金具部分にずいぶん汚れが貯まっているのに気がつきました。その後きれいに掃除したのはいいのですが「俺って今年一年、こんな汚いメガネで人と会ってたのか!」と思い、それ以来ずっとくよくよしています。人の鼻毛が飛び出ていても言えないのと同じで、みんな気付いてるのに私に言えなかったんじゃないだろうか?と人間不信の正月を迎えています。不幸だ(笑)。

謹賀新年@神戸

謹賀新年@神戸
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、神戸空港に到着しました。今日は関西も雪が降るという予報でしたが、晴れてるじゃん。肌寒いけど良いお正月です。晴れ着のグラウンドホステスさんがいて華やかです。
これから西宮の友人宅にお邪魔して新年会です。おみやげはもちろん「白い恋人」。あまり遅くならないうちに泉佐野まで移動して前泊します。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

最新情報(Twitter)

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ