« 南北海道大会 | トップページ | 蝦夷梅雨 »

2006年7月 9日 (日)

じゃがいもの花

0607094s先週からの風邪はもう熱が出たりはしませんが、なんだかすっきりしません。回復度85%といった感じです。おまけにここ数日なんだか皮膚が痒い感じがします。ということで、この症状には火山の近くの本格温泉が効くだろうと思いつきました。一路、旭岳温泉「湧駒荘」へ。一通りの浴槽と露天風呂を回った後は、芒硝泉のぬる湯にじっくりとつかり効能を体に染み込ませ、ちょっと熱い元湯で我慢できなくなるまでの温熱療法です。おかげで気分すっきり。来て良かったです。
温泉から上がった後は、何も飲まずに一気に下山。旭岳温泉と天人峡温泉の分岐点近くにある「大雪旭岳源水」で、ミネラルたっぷりの湧き水をごくごくいきました。冷たくてうまい。しかしこんなに大量の湧き水は初めて見ました。そこにあった説明書きで知ったのですが東川町にはなんと「上水道」が無いらしいです。一般家庭もみんな井戸を掘って大雪山の伏流水を飲んでるとか(町のHP参照)。びっくり!

【今日の一枚】拡大写真 帰りは美瑛を回って、ちょうど咲いているじゃがいもの花を眺めて帰ってきました。他にも咲き始めのラベンダーや、刈取りが終わった一番牧草の牧草ロールなど、富良野・美瑛の今日はとっても爽快でしたよ。

« 南北海道大会 | トップページ | 蝦夷梅雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南北海道大会 | トップページ | 蝦夷梅雨 »

最新情報(Twitter)

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ