« 1000円ユンケル | トップページ | 原油高騰 »

2005年9月 8日 (木)

選挙分析

0508205s台風が通過していきました。昨日は苫小牧でも本格的な雨が降りましたよ。でもこれといった被害は無いようです。よかったです。

さて、今週末は衆議院議員選挙です。私が選挙権を持っている北海道10区の情勢分析をしようと思います。10区は以前から革新が強い地域であること、今回は保守が分裂したことを考慮すると、選挙区での当選は民主党の◎小平氏で間違いないと思われます。前回選挙では善戦し、比例区で復活当選した×山下氏は郵政民営化に反対票を投じたため自民党の公認を得られませんでした。地元保守層の支持を集めているとは言っても選挙区で得票1位になることは事実上困難。落選です。自民党のいわゆる「刺客」候補○飯島氏は、東京都青ヶ島村の教育長だった人。地元とは縁もゆかりもありませんが、自民党の比例名簿1位のため選挙区で1票も入らなくても復活当選確実です。
以上のように10区に限っては結果が見えているので全然おもしろくはないのですが、まあ投票には行ってきます。

【今日の一枚】拡大写真 甲子園に駒大苫小牧の校旗が上がっていきます。

« 1000円ユンケル | トップページ | 原油高騰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙分析:

« 1000円ユンケル | トップページ | 原油高騰 »

最新情報(Twitter)

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ