« ハイパー微妙 | トップページ | 昨日の理由 »

2005年3月16日 (水)

プレイバック1975

ist052s生誕35周年企画1ヶ月ぶり再開です。なぜかというと今日は昼寝して過ごしてしまったので書くネタがないからです。今の悩みは26日に開催されるという会社の飲み会に出席するかどうかです。チームが変わってしまい、私とお話してくれそうな人が見当たらないのです・・・。

1975(昭和50)年、5歳の私は保育所で「キューティーハニーごっこ」の脇役などをこなしながら成長していきました。
この年は世相でもあまり大きな話題は無いですね。国鉄最後のSL旅客列車が私の街まで走った・・・ということですが、今じゃまたあちこちで走ってるしな。新幹線博多開業、中央道恵那山トンネル開業。恵那山トンネルは重要ですね。学生時代や浜松に住んでいた頃にあの辺は何度も行きましたが、いくら旧道好きの私でもあそこはいつも高速でした。馬籠はこの前長野県を離れて岐阜県になったんですよね。びっくり。あとはエリザベス女王来日、沖縄海洋博、広島カープ初優勝といったところです。

日本の年間チャート1位は「昭和枯れすすき」さくらと一郎、2位は布施明の「シクラメンのかほり」でした。ちょっと暗い感じのする年ですね。結構好きなのは7位の風「22歳の別れ」あたりです。
私のMP3コレクションから2曲。まずオリビア・ニュートン・ジョン。『Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)』は大ヒットだし、最近でもCMでよく使われているので、ここはあえて『Something Better to Do(秋風のバラード)』にします。なぜか会社のトイレのBGMで時々流れているのですが、誰が選曲してるんだろう?あとはキャプテン&テニールの『Love Will Keep Us Together(愛ある限り)』ですね。70'sアメリカンポップスを象徴するような明るい一曲です。オリジナルはニール・セダカですがカヴァーで大ヒットしました。私がこの曲を知ったのはヒットから約10年後の中学生の頃、学校から早く帰ってきて夕方のNHK-FMで「70年代ポップス特集」みたいな番組を聴いていた時だと思います。その頃は時代を遡って70年代の洋楽に興味津々だったんですよね。NHK-FMといえば6時からの「夕べのひととき」も懐かしいですねー。

【今日の一枚】拡大写真 イスタンブール・シルケジ駅の外観

« ハイパー微妙 | トップページ | 昨日の理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレイバック1975:

« ハイパー微妙 | トップページ | 昨日の理由 »